“共育”への想い


こんにちは。

共育ステーション 地球の家  代表 熊谷 亜希子(くまがい あきこ)と申します。


わたしたちの「共育」には4つの意味があります。

 ①共育=子どもも大人も共に育ち合う 

 ②共育=異年齢の子どもたちが共に育ち合う

 ③共育=インクルーシブ教育(健常児・障がい児ミックス)

 ④共育=一人ではなく、みんなと共に育てる



①共育=子どもも大人も共に育ち合う

三人の子どもの子育て真っ最中の母親として思うことは、「人の学びは一生続く」ということです。

学生時代の学びが終わった後も、社会人としての学び、親としての学び、人間としての学びと限りがありません。

大人の言動がいつも正しいわけでもなく、子どもの言動の中に大人たちがハッとするような真実が含まれていることもあります。

大人は子どもに対して、人生の先輩として「導く」「応援する」「支援する」ことはしますが、決して「支配」「命令」する存在ではないはずです。

日々謙虚な気持ちで、新鮮な気持ちで、子どもを見つめていく姿勢を大切にしています。

「子どもを育てる=植物を育てる」ように、すべての子どもたちが持っている天与の才能の種が、将来に美しい花を咲かせるためにどのような関わりが必要なのかをよく考えて、よく観て、よく感じると同時に、わたしたち大人自身の才能の種も同時進行で育てていきたいと思います。



②共育=異年齢の子どもたちが共に育ち合う

日本の一般的な教育では、同一年齢の子どもたちによるクラス編成が常識となっていますが、海外に目を向ければ、オランダ発祥の「イエナプラン」や、イタリア発祥の「モンテッソーリ教育」など、異年齢クラス編成のメリットが謳われています。

~異年齢クラス編成のメリット~

◎家族の兄弟関係に似た、年齢差による立場の違いを体験できる。

◎実際の社会=多年齢構成。立場の違いを理解して行動するための社会トレーニングができる。

◎同年齢クラス編成に起こりがちな、できる子・できない子の固定化を防ぐことができる。



③共育=インクルーシブ教育(健常児・障がい児ミックス型の教育)

2006年に国連総会で「障害者の権利に関する条約」が採択され、2007年に日本はこれに署名しました。

そして、2014年1月20日に日本は国連事務総長に批准書を寄託し、2014年2月19日から日本においても本条約は効力を生ずることになりました。

「障害者の権利に関する条約」第24条によれば、「インクルーシブ教育システム」とは、人間の多様性の尊重等の強化、障害者が精神的及び身体的な能力等を可能な最大限度まで発達させ、自由な社会に効果的に参加することを可能とする目的のもと、障害のある者と障害のない者が共に学ぶ仕組みであり、障害のある者が教育制度一般から排除されないこと、自己の地域において小等中等教育の機会が与えられること、個人に必要な「合理的配慮」が提供される等が必要とされています。

日本におけるインクルーシブ教育のパイオニアは、東京都武蔵野市の「武蔵野東学園」です。

この学園では、学園創立時の50年前からインクルーシブ教育を実践しているのです。

そして、学園のHPによると、「他人とのコミュニケーション障害を持つ彼ら(主に自閉症児)の社会自立実現のためには、幼児のうちから積極的に健常児と関わりを持たせ、時間をかけてコミュニケーション能力を養う」という教育を試みた結果、この教育の成果が次第に多くの自閉症児の保護者に知られるところとなり、全国から入園希望者が殺到するようになったそうです。

そして、この学園の健常児の様子についてはこのように書かれています。

「自閉症児と深いかかわりを持ちながら学園生活を送る健常児たちは、年齢相応に自然に自閉症児たちをリードしまた手助けをします」

「こうした環境で学園生活を送る健常児たちは、学外においても障害を持つ人々に対し、偏見を持つこともなくごく自然に接し、またボランティア活動に強い関心を示すなど生きた福祉の心が自然に育まれます」

「学園を巣だった後、教育、医療、福祉の道に進む生徒が多いのも特徴です」

日本において、インクルーシブ教育を実践している教育機関はまだまだ少ないのが現状ですが、ボトムアップ型の共生社会の実現のために必要不可欠な取り組みとして、より多くの人々の理解と協力が得られるようになることを望みます。




④共育=一人ではなく、みんなと共に育てる

わたし(熊谷)は、2018年6月でようやく「お母さん13年目」に突入しました。

お母さんになりたての「お母さん1年目」の頃の戸惑いや悩みや苦しみは、本当に今でも忘れることができません。

わたしは、出産前まで企業で採用コンサルタント職をしていたのですが、第1子出産後は、右も左も分からない未経験の「お母さん」という職業に、とても戸惑いました。

企業で働けば、数字でわかりやすく評価が出るので達成感も得やすいのですが、子育てには、数字的な成果や給料・ボーナスなどの客観的評価基準がありません(笑)

我が家の第1子は、とてもよく泣き、なかなか寝ない赤ちゃんだったので、「赤ちゃんの寝かしつけ」を試行錯誤しながら、さながら「修業」のように頑張っていました。

子育てのストレスが積み重なり、プチ家出(近所のカフェに…)したこともあります。

自分の親にも言えなかった、子育ての大きなストレス。

この時の経験がバネとなって、2009年に地元で「子育て相互支援 ままぢから」という子育てサークルを作ったりしました。

子育てをしていて心が辛くなったら「仲間がいる・共感してもらえる・わかりやすく教えてもらえる」という場が本当に必要です。

共育ステーション 地球の家 は、 地域コミュニティ としても活動していきたいと思っています。

「子どもを育てる」という偉業を、たった一人で背負うことなく、周囲の人たちと心を繋げながら楽しんで いきたいと思います。